気になる記事

お疲れ様です。皆様いかがお過ごしでしょうか。そんな事分かってるだろうとお叱りを受けそうですが。

この時期のマンション生活において気になる記事がありましたのでご紹介します。

始めの方だけですがアップしますので関心のある方は検索してみて下さい。

新型コロナ「マンション大規模感染」が起こる日

一戸建てが見直されるかもしれない

山下 和之   住宅ジャーナリスト

春を待つ

今年の北海道は桜の開花が早いようですが、いつものお花見は無理のようですね。

先の見えない日々がいつまで続くのか不安で仕方ありません。

すでにご覧になった方もいらっしゃるとは思いますが、そんな暮らしの中で確認しておきたい事をご紹介します。

一日でも早く穏やかな毎日が訪れる事を望みます。

「 マンション管理会社の 感染症等流行時対応 ガイドライン 」

               一般 社団法人 マンション 管理業協会

  感染症等流行時の対応 にあたっては、 基本的には 関係省庁等が公表する情報等 を踏 まえた対応が望まれ ます が、各業界等においてもそれぞれの事業 内容 特有の対応が必 要とな ります 。 本ガイドラインは マンション管理業界として 、 「マンション管理周辺」 において必 要と考えられる内容 に特化し て作成していますので、 関係省庁等が公表する情報と 併 せて 管理運営業務における 適切な対応の ための 参考として ください 。 なお、本ガイ ドラインは今後の情勢の変化等を踏まえて、必要に応じて内容 の修正 を 行い改訂する場合もあります

2. 居住者の安全確保 について

  マンション は 共同住宅 という性質上、 特定多数の居住者等が参集する場で あ り、また、合意形成を図るための集会等が必要となることから、感染が拡大す る機会の多い場所 であることは言うまでもありません 。 管理組合においても感染が拡大することを危惧し、集会等の 延期や 開催中止 を検討し、そのことについて管理会社に対して相談が寄せ られることも予想さ れます。その際には 収集した情報の提供を行い、 居住者の安全を確保するため に 、 場合によっては 集会等を延期、中止することも止むを得ない こと をアドバ イスする必要があります。 また 、 マンション管理会社は その 業務 において 法令遵守が求められてい るこ とから 、 管理組合 を対象として説明会 等 を 開催しなければならない場面があり ますが 、その際に 法令遵守 を優先する余り、 居住者の安全を脅かす結果となる ことは、マンション管理会社の姿勢としてふさわしいものではありません(緊 急時の法令等への対応については後述します)。 マン ションでの 感染拡大防止においては 、 情報提供をはじめと して マンショ ン管理会社の役割は非常に大きなもの がありますが 、 いかなる場合でも 居住者 の安全を確保することを 最優先 として業務を行うことが望まれます。

3. マンション管理会社としての 事前準備の必要性について

 (1) 危機管理体制の整備について 関係省庁等が公表する に基づいて 社内 において危機管理 体制 を 構築 すると ともに 、 社員の安全確保をはじめとする 感染拡大 の 防止に努める ことが望まれ ます。

 (2) 管理組合の管理組合の集会等への出席集会等への出席についてについて マンション管理会社の社員はマンション管理会社の社員は管理組合運営管理組合運営の都合の都合上上、、集会等への出席を求め集会等への出席を求められるケースが多くありますが、られるケースが多くありますが、それら集会等への出席はそれら集会等への出席は社員から社員からマンションマンション居住者居住者へのへの、また、また、、マンション居住者マンション居住者から社員への感染から社員への感染機会とな機会となることが予想ることが予想されますされます。社員の集会等への出席は管理委託契約に基づく業務で。社員の集会等への出席は管理委託契約に基づく業務でももあることかあることから、特段の事情がない限り止むを得ないものと思われますら、特段の事情がない限り止むを得ないものと思われますが、が、その場合の集会その場合の集会等への等への出席出席時には時には必ず必ずマスクマスクをを着用着用することなどを指導するとともにすることなどを指導するとともに、、事業者事業者としてもマスクとしてもマスクをはじめをはじめ消毒液消毒液等等をを事前事前にに準備準備しておくなど、しておくなど、マンション居住マンション居住者及び社員の安全確保者及び社員の安全確保と併せてと併せて感染拡大の防止に努めることが望まれ感染拡大の防止に努めることが望まれますます。

4. 管理組合との管理委託契約に基づく業務履行について

  感染症等の 感染拡大時には 管理組合との管理委託契約 に基づく業務履行に 支障が生じることが予想されます。 事業者 として緊急事態に応じた社内体制を 構築していても、人員の都合上管理組合の要望に応えられない事態となった場 合にどのような対応ができるのか等について、管理組合と事前に協議 しておく ことが望まれます 。

(1) 業務履行 について

社内で構築した危機管理体制を基に、状況によっては業務履行が不可能にな る事態も有り得ることを説明し理解を得ておくことが望まれます 。なお、その 際には管理組合との連絡を密にしておくことが理解を得る一助になると考え ます。

(2) 管理員の勤務体制について

管理員業務はマンション管理における非常に重要な業務であります。 しかし 管理員 においても 安全 を 確保 することは必要であることから、マンション にお いて 多くの 感染者 や濃厚接触者が 確認 された 場合には 、当該期間はマンション のライフラインを維持するための 必要最小限の業務 履行 となることも 止むを 得ない等の承諾を得ておくことが、緊急事態に直面した場合の混乱を避ける対 策と考えます 。

5. マンション管理関連法令 等 へ の対応について

  (1) 区分所有法及び管理規約に基づく管理組合運営について 前述したとおり、 管理組合運営にあたっては居住者の安全確保が最優先とな ります。 管理 組合が 区分所有法及び管理規約に規定された集会等 の 延期 を検討 する事態に直面する前に 、 例えば、 「 マンション所在 学区内の小中学校が臨時 休校となった 場合 、または、 「患者や濃厚接触者が活動した地域等」 に指定さ れた場合に集会等を 延期する 等 の 基準を 事前に 決めておく よう提案してお ことが混乱を避ける対策のひとつになると考えられます。なお、管理組合の予定を変更する場合には区分所有者等に対しては書面配布、掲示等で事情を周知し理解を求めることは当然に必要となります。

(2) マンションの管理の適正化の推進に関する法律に基づく業務について

  管理組合との管理委託契約の締結にあたり従前の契約内容を変更する場合には、マンション管理会社は「マンション管理適正化法第7272条及び施行規則条及び施行規則第第8383条」に基づく管理委託契約に関する重要事項重要事項説明会をを開催開催することすることが務付けられています。これに際し、居住者等の安全や心情等を考慮せずに、管理会社の都合を優先させて説明会の開催を強行強行することは、マンションを管理する立場としてふさわしいものではありません。この場合の管理組合との協議にあたっては、第一段階として下記①の対応がの対応が望まれます。

① 「「従前従前契約契約と同一条件」」での暫定契約の締結 では 標準管理委託契約書には以下の記載があります。

(契約の更新)  第二十一条 2 本契約の更新についてその申出があった場合において、その有効期間が満了する日までに更新に関する協議がととのう見込みがないときは、甲及び乙は、本契約と同一の条件で、期間を定めて暫定契約を締結することができる。 この条項に基づいて暫定契約を締結し、事態沈静後に重要事項説明会を開を開催催し、新たな管理委託契約を締結し、新たな管理委託契約を締結する。 更に、上記①の対応を検討したうえで、管理組合が「従前契約と異なる条件」での契約をを契約更新時から必要と判断した場合ににはは、下記②の対応も止むを得ないと考えます。

② 「従前契約と異なる条件」での管理委託契約の締結

「従前契約と異なる条件」での管理委託契約の締結 が 管理組合に対しては「法令上必要な業務ではあるが居住者等の安全を確保するための緊急事態であること」等を説明し、双方協議のうえ、管理組合からの申し出として重要事項説明会を延期することも止むを得ないと考えますす。 なお、 上記①、②いずれの場合であっても、管理者等へは説明を行い、事情を記した書面とあわせて重要事項説明書全書を全区分所有者に配布して理解を得ることに努め、事態鎮静後速やかに説明会を開催する必要があります。 また標準管理規約では暫定契約も含め管理委託契約の締結は総会決議事項としていることから、管理会社から管理組合へのアドバイスとして、管理管理組合の意思決定の方法を事前に定めて、例えば理事会議事録等の書面で残して おくべきことを説明しておくことが望まれます。 更にこれらの事態にあたっては事後の証とするためにも、管理者等から書面を取得しておくことは事業者業者としての立場から必要な手続きであると考えます。参考として雛形別紙①、②を作成しましたので必要に応じて加筆修正のうえご活用ください。

見守りのその先

世の中「見守り」と一口に言っても様々な形態が存在します。

企業と市町村が連携・協力して活動している事などは多いようです。

それに伴って色々な機器が開発されているし、今後はもっと優れたものが出てくるのは間違いない事のように思えます。

今回は「へえ~、こんな物があるんだ。」と、いう物をご紹介します。

象印さんが提供している「みまもりほっとライン」というものです。

分かりやすく簡単に説明します。

見守りたい人が無線通信機を内蔵した「ⅰポット(電気ポット)」を使用すると(電源を入れる、給湯、保温など)その情報がインターネットを通じて、見守る方のパソコン、スマートフォン等で1日2回受信出来るというものです。

この他に「お出かけ」キーがあって外出時に押すと外出、帰宅の履歴も送信されるようです。

料金は契約料(ポット1台)が5,000円、サービス利用料がひと月分で3,000円です。受ける方のアドレスが2件まで追加出来て1件1,000円です。

詳しく知りたい方は「象印みまもりほっとライン」で検索してみてください。

さて、少し前の北海道新聞に気になる数字が記事としてありました。

2030年、北海道では世帯主だけの「単独世帯」が全世帯の4割を超えるとあります。他に「50歳時の未婚割合」が女性で17,2%、男性で23,5%と裏付けの要因にもなっているようです。

道内は離婚率も高く、パーミルという単位が使われていますがよくわからないので、ここでは触れないことにします。

さらに高齢化率も31,1%で2040年には65歳以上の単独世帯が20,6%を占めると推計しているようです。

数字は全て国立社会保障・人口問題研究所によるものです。

今現在自分には親が健在であり、奥さんには子供もいます(この辺は軽く流してください。)から先にご紹介したみまもりほっとラインは使おうと思えば使えます。

ただこの先見守ってくれる人がいないような社会が訪れようとしているのではないでしょうか。正直親子でない限り親類でも親身になってくれるかどうか・・・

そう考えるとやはり歳をとっても社会、人間との関りを大事にしなくてはなりません。

「呑みに行こう。」と誘われても、つい億劫で断ってしまう事あります。でもこれって孤立への一歩かもしれませんよね。あぶない、あぶない、気を付けよう。

自分の事を気にしてくれる人を大事にするってことは、先ずは自分が気遣ってあげなければならないと、今更気付かされる自分ではあります。

今の世の中、思いを伝える手段はたくさん存在します。既読スルーでもいいからラインしてみるかな、元気なのかな、そんな風に思う自分がいます。

セミナー中止のお知らせ

冬に逆戻りしたようなお天気が続きますが体調を崩したりしていませんか?

増してや今現在コロナウイルスの猛威に驚かされるばかりですね。

「わたぼうし」においても3月14日に予定していましたセミナーを中止することにしました。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。

今後の予定がはっきり決まりましたら、この場でお知らせいたします。

どうか皆様も十分お気を付けください。

セミナーを終えて

 先日は雪と寒さの中、参加頂きありがとうございました。私(長谷川)も久しぶりの参加となり、有意義な時間を送ることができました。

 今回はマンション生活では基本である「区分所有法」、「管理規約」の重要性に関して事例を交えて弁護士の佐々木泰平先生に解説して頂きました。その後「わたぼうし」代表の橋本を含め参加者の皆さんで意見の交換をしました。

 ここからは参加した私の感想を少し書かせてもらいます。

 人の考え、意見を聞くことによって、普段自分が感じてる事、思ってる事がいろいろな立場の中で正当性があるのか、あるいは少し外れているのか確認できる場であったように思えます。

 多数決では解決しずらい、絶対ではない管理規約の中でどのように調和をとっていけばいいのか、まだまだ多くの選択肢があるのではないかと感じました。

佐々木泰平弁護士
橋本代表と参加者の皆さん

次回は3月14日(土)を予定しています。近くなりましたらこの場でお知らせいたしますので宜しくお願い致します。

第17回「わたぼうし」セミナーのお知らせ

 皆さまあけましておめでとうございます。今年も宜しくお願い致します。

本年最初のセミナーを次の要項で開催します。

・2020年1月25日(土) 午前10時~正午

・札幌エルプラザ(北区北8西3)

・内容  マンション住人にとって基本の「区分所有法」、「管理規約」に関して佐々木泰平弁護士に解説していただきます。その後参加者の皆さんで意見交換を予定しています。

例年にないくらいの小雪、来週は気温も低くないようです。興味のある方は是非ご参加ください。

令和から

今回は「わたぼうし」フェイスブック・ページからの転載です。

今年1年大変ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。

    令和から 2. 老後破産 《長寿という悪夢》

                    NHKスペシャル取材班より

  数年前ですが「ライフシフト」100年時代の人生を数回お話ししましたが、今では100年時代と言う言葉は当たり前のように使われるようになりましたね。

  そうなら僕もまだ1/3ほど残りがあるようです。でもこれもいつかお話ししましたが健康寿命が大きく関わってきます。その辺はまた別の時にでも改めて。

何にでも裏があり、闇があり、影があります。今回は100年時代の裏側のお話です。 NHKスペシャルの放送は2014年ですから5年程前になります。その間に情勢は更に悪化しているかもしれません。つい最近の街中でのインタビューでも将来の不安が多く語られていました。若い人でも何かしらの不安を抱いているようです。2.000万円の話題も影響していますよね、きっと。まあ、お金があればほとんどの事は解決するのですが・・・

  結論から言うと、「一生懸命働き、一生懸命に生きてきた普通の人たちが報われない。」それが今の日本の老後の現実だと書かれています。

  ぐさっと来ますね、目を背けたくなります。でも避けては通れない事なんですね、自分にとっても。 様々なケースが紹介されてますが、独居高齢者は国民年金だけで生活していくのは非常に困難だと分かります。食い詰めて食い詰めて貯金を減らしていく、じわじわと首を絞められていくようなものです。 もう死んでしまいたい、そんな本音も見えてきます。切な過ぎます。でも生きていかなければならない、哀しい物語ではあります。

  遠慮しないで助けを求めて欲しい、地域包括支援センター、民生委員、役所の窓口など声をあげてみてほしい、日本国憲法に保障されているのですから。

  生きていくためには、実は表も裏も同じ要素があることが分かります。 ・気力 ・繋がり ・生きがい これらが必要不可欠のようです。 どうすればいいのか具体的な事をお話しできない事が悔しい、情けない自分がいたりします。

  「生きてるだけで丸儲け」よく聞く言葉ですが、こんな風に自分を励ます、勇気付ける御呪いのようなものがあってもいいんじゃないでしょうが。

  僭越ながら僕ならこうです。 「唇に唄を心に太陽を」です、笑ってやって下さい。

  年の暮れに重苦しい話題を持ち出しだ事をお詫びします、ご勘弁下さい。 それでは皆さま、どうぞ良い歳をお迎え下さい。ありがとうございました。

追記 前回の投稿で大変な経験をした彼女からラインの返答がありました。 「生きてて良かったですよ。」と。 正直嬉しかった、少しだけ心が温かくなりました。 僕はこう返答しました。 「そうか、良かったな。」

電気の宅配便

今月初めの新聞数紙に紹介されていましたが、「北海道電気相互(株)」さんが電気を供給するサービスを始めたようです。

マンションでは停電は大敵というのが最近の震災で痛感したところですよね。ポンプが動かず給水できないし、エレベーターが使えなければ上層階の人達の苦労は計り知れません。

1週間ほど前ですがアクセス札幌でビジネス交流会が開催されていました。そこでこちらの会社も出展されていて直に電源車を見る事ができました。展示車両はトラックでしたが他にもいろいろあるようです。

仕事の関係で終了間際に会場入りしたものですから詳しい話が聞けずに残念な思いをしました。新聞によると対象は札幌近郊で、基本料金は1戸当たり月額980円とあります。興味のある方は検索してみて下さい。

第15回「わたぼうし」セミナーのお知らせ

随分前に雪虫を見かけてますから、そろそろ初雪でもおかしくない季節ですね。

日が暮れるのも一段と早くなりました、車の運転や道路を渡る際には充分気を付けましょう。

以下の通りセミナーを開催しますのでご参加ください。

・11月9日(土) 午前9時半~正午

・札幌エルプラザ(北区北8西3)

・内容

 1、保険料金に関して

皆さんのマンションの共用部分には保険が掛けられているでしょうが、保険金が支払われる事故で最も多いのが水回りの事故だと思います。

水回りと言っても壁のひび割れからの浸水、屋上防水面の亀裂からの浸水等、様々考えられますが、やはり給排水管からの漏水が最多であるのは間違いありません。

給排水設備管理の重要性と保険料との関りを例から紹介します。

 2、高齢居住者の見守りについて

独居高齢者の見守り活動を手掛ける住人との意見交換を予定しています。

 

   

災害時の電気事故

この度の台風19号により、被害を受けた方々には心よりお見舞い申し上げます。

ニュースを見てますとタワーマンションの脆さが強調されてますが、

北海道のブラックアウト同様、タワーマンションに限らず人類の生活に於いて

電気のない日常など考えることができません。

そんな中、電気に関する興味深い記事がありましたのでご紹介します。

環境市場新聞第58号からの転載です。